物件による違いやアピールしたいポイントを理解し満足の不動産売却を川崎市で

無料相談はこちら

川崎市の不動産売却・株式会社クロスボンドの口コミ情報

新築と中古の違いを知り川崎市での不動産売却を円滑に 

川崎市の不動産売却・株式会社クロスボンドの口コミ情報

不動産の流行は時代の移り変わりと共に変化します。近年はリフォームやリノベーションのブームにより中古物件にも注目が集まっていますが、新築物件と中古物件には多くの違いがあります。これから川崎市で不動産売却をお考えの方に、物件による特徴や良さを理解し、より納得いく取引を前向きに検討していただくのが不動産会社の願いです。今後の取引に役立てていただくために、購入前に買い手が考える事や売却で重視されるポイント、また中古物件の中でも空き家の売却についてご紹介します。


新築と中古の特徴や違いを知り川崎市での不動産売却を考える 

以前は家を購入するとしたら新築が当たり前でしたが、近頃は中古物件を購入する方が増えました。中古物件を購入する利点は価格と新築にはない独特の使用感、そして物件自体が安さゆえにリフォームにお金をかけられる点ですが、新築のように自由に手を加えられない点や見えない内部の老朽化などが気になるポイントです。対して新築物件は高価なものの、一から建てる場合設計から理想を反映できます。また、中古ではないために設備や内装の経年劣化はありません。地域によってニーズは若干異なりますが、新築でも中古でも物件を購入する方がいなくなる事はないと考えられます。
神奈川県で物件を手放す事をお考えなら、まずは不動産会社に査定や利用の相談をしてはいかがでしょうか。地域に密着し活動しているスタッフ一同で、理想に添った取引に努めるのが専門会社としての役目です。お客様の喜ぶ不動産売買に向けて尽力いたします。

中古物件の不動産売却を川崎市で行う際に重視される点とは 

最近はリフォームの人気も高まっており、中古物件の修繕や住んでいる家の改修をする方が増加しています。物件を購入するにあたって多くの買い手が気にするのは、築年数や立地、そして壁や柱の状態ではないでしょうか。年数や立地については後から変えられる箇所ではないため、物件を売りたい方にとって力を入れたいポイントは内装や修繕と言えます。外壁や扉、窓などが綺麗に保たれ、内装にも目立った損傷が無ければ、買い手から見ても魅力的な物件になるはずです。
しかし最近では手抜き工事やリフォーム詐欺も一部で流行しているため、見た目の良さ以外に内部の状況にも注意を向けたいものです。お客様の満足できる不動産売買を実現するため、「購入者が何を望むか」や「売却者がどこに注力しているか」という双方の視点から、地域密着の不動産会社として地元の物件の買取を行い、お客様のニーズに寄り添ってまいります。

空き家の不動産売却を川崎市で検討する時に知りたい情報は 

近年、日本全体で空き家の数が増加しており、問題となっています。平成30年の時点で、日本の総住宅数に占める空き家の割合はおよそ14パーセントでした。この割合には賃貸用の住宅や別荘のような日常的に利用しない住宅も含まれていますが、最近の増減で見ると、総住宅数の増加率は平成15年以降減少し続けているのに対し、賃貸や別荘などを含まない空き家の件数は年々増加しており、平成30年の時点で過去最高を記録しています。
全国的に見ると神奈川は空き家の少ない都道府県です。川崎市で言えば平成10年からおよそ15年もの間、空き家の割合はほぼ変化していませんが、空き家の件数は少しずつ増加しています。トラブルの可能性はもちろんですが、価値ある住宅が利用されず放置されているのは、あまり好ましい事ではありません。地域の住宅が少しでも有効に利用されるために、不動産売却の専門会社は欠かせないと考えられます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。